こどもの成長を見守る「おもちゃ」開発プロジェクト

学系
情報工学系、情報フロンティア系、その他全学系可
主な所属学科
全学部全学科
メンバー数
40 人
オナーズ

活動内容

実際の幼稚園をターゲットとして、子供の成長や活動をモニタリングする「おもちゃ」を開発するプロジェクトです。園児が遊ぶ「おもちゃ」にマイコン、センサーなどを組込み、誰がどんなことをしているか見守るデバイスや絶対音感トレーニング教材など開発します。

このプロジェクトは、情報工学科の他、メディア情報学科、心理情報学科、ロボティクス学科の学生さんや教員が参加しており、いろんな知識を得ることができます。


昨年の実績

幼稚園からのニーズを基に以下のものを開発しました
  1. 絶対音感トレーニング教材の開発
  2. 指使いを起用にするおもちゃ開発
  3. 言葉を効率的に覚えるアプリケーション開発
  4. 園児の謎行動を理解するためのデバイス開発と行動分析

昨年度の成果報告会の様子はこちら

参加メンバーからのメッセージ

地域貢献とエンターテイメントが融合した面白いプロジェクトです。子供が好きな人、おもちゃを作ってみたい人、ものづくり、電子工作、心理学、音楽に興味がある人は一度見に来てください。

身につくスキル

  • 市場調査
  • ニーズ分析
  • 問題発見
  • 外観デザイン(美術的)
  • 機能デザイン(機械、電気、情報的)
  • 感性デザイン(心理、メディア的)
  • 人間中心設計による開発
  • チーム開発

説明会日程

2017/04/18(火) 16:40 ~

説明会詳細

日時:4月18日(火) 5限 
場所:23号館211教室
※事前の申込は不要です

募集方法

上記、説明会に参加してください。

都合が悪い場合、説明会以後は以下の担当教員まで連絡してください。
 心理情報学科               :渡邊 n-watanabe@neptune.kanazawa-it.ac.jp
 メディア情報学科        :江村 nemura@neptune.kanazawa-it.ac.jp
 情報工学科、その他 :河並  t-kawanami@neptune.kanazawa-it.ac.jp

プロジェクトについて

最初に勉強会などを企画しているので、プログラミングや電子工作などの初心者でも安心して参加してください。